水道の移設工事を行う

家の老朽化やその他の問題があって、既存の家を取り壊したり、一部を建て替えたりということが起こります。リフォーム工事を行うさい、気を付けないといけないのは水道工事です。今までなかったところに蛇口を付けたい場合は、移設が必要だからです。

■移設について理解する

新築の家なら水道工事が完了しているので、あまり心配することはありません。しかし広い土地を分割してそれぞれ家を建てるときや、家の建て替えなどのために、元々あった水道管を移動させなければならないことが起こります。水道管の移設は、まず既存の水道管を撤去する工事を行い、そのあと新たな水道管を新設する作業を行うため、2度の工事が必要です。


■業者を選択するポイント

ほとんどの場合、移設費はすでに見積もりに含まれているので細かく気にする必要はないです。しかし項目について分からないことがあれば業者に質問し、理解しておくことは大切です。移設後の新たな配管と元の配管がしっかり接続されているか、新たな配管がきちんと使えているかをチェックする必要があります。水道工事を完了した後も、気になることが出てきたり、ちょっとした水のトラブルがあるかもしれません。アフターフォローを行ってくれるところなら安心です。

■まとめ
家の建て替えやリフォームによって移設工事が必要な場合、撤去と新設という二つの作業が行われます。それぞれの納期や、アフターフォローについても確認します。しっかり説明できる業者を選択できます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ