水道工事を行って古い部品を交換する

水道を使っていると、寿命がきて交換する必要がある部品が出てきます。水漏れなどの症状によって、どの部品を交換すればよいか確認します。以前に部品を取り換えたことがあり、再度水漏れが起こっているなら全体の交換工事を検討します。

■部品の状況をチェックする

どの部品にも寿命がありますが、水回りの備品は特に毎日使っているため、消耗のスピードが早いと感じる人も少なくありません。蛇口のハンドルや蛇口付近から水が落ちて、しっかり閉まらなくなることがあります。
蛇口自体の寿命が、近づいている可能性があります。10年以上使っていて部品を取り換えたことがある蛇口なら、全体を取り換えることをおすすめします。設置して10年未満で、部品交換をしていないなら、一度部品を取り換えてみます。パッキンやカートリッジなどの消耗部が摩耗している可能性があり、その部品を交換すると直ることも多いです。

■蛇口のタイプを確認する

蛇口は、取り付け穴の数や取り付けできる場所によって違いがあります。自宅の蛇口が単水栓か混合水栓なのか、取り付け穴は一つか二つかといった部分をチェックします。これを間違えてしまったら、蛇口の工事ができなくなります。
メーカーから発売される蛇口の種類も多いです。自宅で必要な機能を兼ね備えているか、確認しておきましょう。


■まとめ
水道を使っていてよく消耗する蛇口やその周りは、部品交換をまず考えます。部品を取り換えたけれど効果がない場合や、蛇口のメーカーに問い合わせても部品がないなら、蛇口全体の交換を検討します。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ