水道工事で使われる配管とは?

水道工事を、普段目にする機会は少ないかもしれません。配管の種類を理解すると、どれくらいの費用がかかるのか理解できます。見積もりを取って、金額や工事内容などを比較検討することが大切です。

■配管で使われる材質

配管には金属管や樹脂管などがよく使われています。水だけを給水する管、水とお湯を給水する管がありますが、どちらも使用できるタイプは、利用の幅が広がるので多く使用されています。ライニング鋼管という材質もよく利用されます。ステンレス管で、中は樹脂を使いコーティング加工されています。さびにも強く長く使うことができる配管です。耐震性を考慮する材質も注目されています。耐火二層管を利用するなら防火や防音の効果が高くなるので、マンションや公共施設によく利用されます。

■見積もりをチェックする

水道 工事を行う場合、見積もりを丁寧に確認することが大切です。配管の材質によって費用が異なります。何を利用しているのかチェックします。工賃は一括で出てくる会社もありますが、細かい項目に分けているところもあります。いずれにしても、工事内容を把握し、全部でどれだけかかるかしっかり理解したうえで、施工を依頼します。水道 工事は急ぎの場合が多いですが、できれば2社以上から見積もりを取るよう心がけます。

■まとめ
配管の材質には様々なものがあり、お湯を流すのか水を流すのかによっても異なります。水道 工事の前に出てくる見積書を見て材料費、工賃、消費税など全部でどれくらい費用がかかるか確認します。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ