水道工事で排水をスムーズに流すための下水のチェックポイント

水道工事の中でも、排水部分のメンテナンスは大切です。毎日使う水がスムーズに流れていかないと、排水管 水漏れや詰まりの原因になります。自分では直接確認できない部分であり、適切に利用できるようにしてくれる業者に工事を依頼する必要があります。

■下水で起こりやすい問題

排水管には、何かしらの汚水が毎日流れています。例えばキッチンでは野菜や少量の油が流れ、管内部の汚れが少しずつ蓄積されていきます。トイレも、複数人が使用するため、誰かがトイレットペーパー以外のものをうっかり落としてしまったり、大量の紙を一気に流すことで下水は詰まってしまいます。
普段あまり気にしない部分なので、少しずつ流れが悪くなりいつの間にか本格的に詰まってしまった、という状況もあります。

■業者ができる清掃

自分たちで下水の掃除を行うのは難しいです。もちろん洗面所や台所の排水部を清潔に保ち、ごみを流さないことは大切です。家族が水道を使わない時に、パイプクリーナーといった洗浄剤で排水部をキレイにすることもできます。
しかし家の下水全体を、これでキレイにすることはできません。新築であれば排水管は比較的綺麗ですが、10年以上使用すると食材のカスなどが蓄積されてつまりや悪臭の原因となります。経年使用の汚れを落とすために、高圧洗浄という作業を業者に行ってもらうのも良いでしょう。高圧洗浄は専門のホースを使って圧のかかった水を噴射し、配管の内部清掃を行う方法です。

■まとめ
水道を使った後の排水部も、キレイに使用したいものです。時々パイプクリーナーを使って掃除を行っておきます。本格的な下水の掃除がしたい場合は、業者に頼んで高圧洗浄を検討しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ